カードローンは同じお金を借りる為の商品であるキャッシングとしばしば混同されがちです。では実際カードローンとキャッシングはどういった点が異なるのでしょうか。


カードローンとキャッシングの類似点

まずカードローンとキャッシングはいずれも担保や保証人が借入に不要だという点で類似しています。雇用条件も正規である必要はなく、安定した収入さえあれば派遣や契約、自営業やアルバイトでも殆どの商品へ申し込みが行えます。また融資を受けるお金の利用目的も問われない為、自由な借入が双方で可能です。クレジットのショッピング機能などとは利用した時点では目的が明確でない点で区別されています。


二つの商品の相違点

では実際カードローンとキャッシングは何が違うのかというと、実は双方に違いはありません。一昔前は支払方法がリボ払いか一括払いかという点で区別されていたものの、最近はいずれの商品でも両方の返済方法が取れる為、違いが無くなったとも言えます。また消費者金融がキャッシングのサービスを始めた時に、銀行が同様のサービスを始める際にあえてカードローンという異なる名称を付けたという説もあります。あとは、キャッシングはクレジットカードに付随した一機能の名称としても広く知られています。

Comments are closed.