カードローンの返済でトラブルを起こしてしまうと、他の金融機関などが利用できなくなる恐れがあります。ブラックリストのってしまうと大変のことになるので、返済で困らないために出来ることを紹介します。


カードローンの返済が遅れた場合

例えうっかり忘れていたのだとしても、カードローンの返済が遅れてしまうと遅延損害金を支払わなくてはならなくなり、さらにはあなたの信用情報に傷がついてしまうことになります。遅延損害金は、通常の倍以上もの利息金額が請求されるので、返済が伸びれば伸びるほど金額が大きくなっていくので注意しましょう。しかし、緊急を要する場合、例えば不慮の事故などに巻き込まれてしまった場合ではある程度は考慮してくれる可能性があるので、なるべく返済日前には相談をしてみましょう。遅延損害金だけではなく、信用情報に傷がついてしまうと、クレジットカード含む他社の金融商品が利用できなくなる恐れがあります。


おまとめローンに借り換える方法

カードローンやキャッシングの借り入れが複数になり、返済がきつい状態ならばおまとめローンに借り換えてみるのも一つの手です。多くの場合、チョキ的に見た返済金額が減額され、返済も月に1回になるので負担が軽くなります。

Comments are closed.