銀行系カードローンが低い金利なのはどうしてでしょうか。カードローンを利用するとき、それほど関心があることではないかもしれません。ただ、法律で定められた上限よりもずっと低い場合が多いのには、しっかりとした理由があります。知っておいて損はないマメ知識ですので、頭の片すみにでも入れておいてください。


<銀行はどうやって儲けているのでしょうか?>

普通の銀行はお金をつくっていません。銀行もひとつの民間企業です。利益をあげるための仕組みがあります。金融機関はお金を貸し出す際に発生する金利によって利益を生んでいるのが大半です。もちろん、それを元手にお金の運営をしたりして巨額な利益を得ている場合もあるのですが、基本としては預けてもらったお金が資本となっています。その利益は個人相手ではありません。大手の会社が相手です。そんな会社に融資することによって、その金利で利益をあげています。


<銀行系カードローンが低金利なのは?>

親会社である銀行で大きな利益を得ているので、子会社である銀行系カードローンの会社では低い金利で充分です。もちろん、借りる際の条件は厳しくなっています。ただ、銀行というブランドで借りる側も安心して利用することができるでしょう。低い金利でも返すことができる人を選んでいる、そんなふうに理解してください。

Comments are closed.