銀行系カードローンが低い金利なのはどうしてでしょうか。カードローンを利用するとき、それほど関心があることではないかもしれません。ただ、法律で定められた上限よりもずっと低い場合が多いのには、しっかりとした理由があります。知っておいて損はないマメ知識ですので、頭の片すみにでも入れておいてください。


<銀行はどうやって儲けているのでしょうか?>

普通の銀行はお金をつくっていません。銀行もひとつの民間企業です。利益をあげるための仕組みがあります。金融機関はお金を貸し出す際に発生する金利によって利益を生んでいるのが大半です。もちろん、それを元手にお金の運営をしたりして巨額な利益を得ている場合もあるのですが、基本としては預けてもらったお金が資本となっています。その利益は個人相手ではありません。大手の会社が相手です。そんな会社に融資することによって、その金利で利益をあげています。


<銀行系カードローンが低金利なのは?>

親会社である銀行で大きな利益を得ているので、子会社である銀行系カードローンの会社では低い金利で充分です。もちろん、借りる際の条件は厳しくなっています。ただ、銀行というブランドで借りる側も安心して利用することができるでしょう。低い金利でも返すことができる人を選んでいる、そんなふうに理解してください。

カードローン会社では、今まで現金の融資をメインにローン商品を扱っていました。同じ貸金業法を守っている信販会社のクレジットカード発行を行っているところも増えているそうです。キャッシング、カードローンでは原則としてショッピングなど後払いではなく、現金を借りる場所でしたが、クレカの発行も行うことでカフェやお店の買い物も後払いにできます。


カードローン会社発行はリボ払いが基本

カードローン会社の発行するクレジットカードでは、支払いが原則としてリボ払いになります。支払い回数が通常のクレジットカードのように1回以内で終わるものに関しては、手数料などはかかりません。高額の買い物をリボに指定する必要などがないことから、便利になるというものです。支払いは引き落としやATMへの入金と、カードローン会社の返済と同じように使うことができます。


即日発行に対応するものもあり海外でも活躍

クレジットカードが活躍するのは何といっても、海外かと思います。カードローン会社の発行でも、国際ブランドのクレカが発行されますから、もちろん、海外でも対応しているお店での利用ができます。クレジットカード会社が発行するものにも、自動リボ払いになるものは出てきているので、使い慣れているクレカがない場合には、まず利用している会社が発行するものを持つのもいいかと思います。

カードローンは消費者金融や銀行が扱っている、少ない金額のローンサービスをメイン商品としたものです。即日キャッシングなど、審査に欠ける時間をなるべく短くしたものも多く、利用者も増加していると言われています。急に現金出費が重なってしまった場合などにも、融資にかかる時間が少ないので、対応してもらえることも多いそうです。


○カードローンの返済日は選べる?○

カードローンでは、多くの場合、返済日などを選ぶことのできるサービスが多いそうです。これはなるべくお給料日に近い日に返済を行うほうが、余裕をもって返済を行えるというメリットがあるためと言われています。もちろん、決まった毎月の出費などの管理はできるものですが、それでもお金に余裕のあるうちに返済を終わらせる方が、何かと安心するという人も多いのではないかと思います。


○返済日が選べる場合は初回返済日に注意○

返済日を選べるプランでは、毎月の返済日以外に、最初の返済日が異なる場合があります。借りて直ぐにお給料日、返済日となっている場合でも、そのまま翌々月まで繰り越す場合や、その翌月だけは月の初めに返済するなど、返済日と借りた日によってこの条件は異なりますから、お金を借りたときにしっかりと確認することを忘れないようにしましょう。

カードローンは定期的な安定した収入があれば誰でも借りることができるのが大きな魅力的な所です。その上、場合によっては収入証明書も必要なく借入を行う事ができるのです。やはり、利息付きで返済してもらうにも安定した収入が無いとカードローン会社もGoサインとを出してくれないのです。


<カードローンの少額借入なら収入証明書が要らない場合も>

カードローンを借りる際に少額での借入程度でしたら収入証明書も会社によってはいらない場合もあります。もちろん、それでもしっかりとした定期収入があるのが前提条件です。しかし、多額の借り入れでない限り収入証明書も必要なく借りれることができるのも大きな魅力です。


<安定した収入がカードローン審査のポイント>

安定した収入と言っても、とにかく収入がたくさん確保されて居れば良いというわけではありません。銀行や消費者金融などの会社は収入面はもちろんですが、その人の会社の勤続年数、そしてその地域の居住年数も加味して審査を行っているのです。勤続年数やその地域の居住年数もその人の収入の安定度を測る重要な指標でもあるのです。当然、勤続年数が短い人はその後転職する可能性があり収入が不安定になるかもしれませんし、居住年数が短い人もどうように不安定になりやすいとみなされるのです。

カードローンと言うのは、キャッシングの申し込みを行う事でカードを受け取ることが出来るもので、そのカードを利用して、キャッシングの申し込みを行った金融機関のATMや提携ATMなどを利用して、利用限度額の範囲の中で現金を引き出して利用することが出来るキャッシング商品です。


便利なカードローン

利用限度額の範囲の中であれば、いつでも自由に現金を引き出して利用することが出来る事からも、カードローンは使い過ぎに注意を要するキャッシング商品とも言えます。
また、最近はアルバイトやパート、そして契約社員の人でも申し込みを行うことが出来る金融機関も多くなっているのが特徴です。


ある程度の制限もある

ところで、カードローンと言うのは、基本的には利用使徒と言うものが定められていませんので、自由にお金を使うことが出来ます。
但し、事業性を伴うものに利用をしたり、他社の金融会社から借りているお金を返済するための、借り換えとしての利用が出来ないケースが多くありますので注意が必要です。
カードローンを利用したけれども、借り換えには使えないと言う事では困ります。
また、借り換えが可能なカードローンの場合は、金利を比較しておくことが大切で、低い金利のお金を使い、高い金利のお金を返済することが大切なのです。

カードローンの利用を検討されている方の中には、今すぐにでも融資が必要な方も少なからず存在します。そういった受容に対応すべくカードローン会社の、特に消費者金融系では即日融資のサービスが行われています。


即日融資カードローンの申し込み方法

カードローンの申し込みには店頭窓口や電話、無人契約機の利用など様々な方法がありますが、全ての方法で即日融資が受けられるわけではありません。例外もありますが即日融資に対応させる為にはインターネットによる申込でなくてはならないのが通常のようです。インターネットといってもパソコンからのみではなく携帯やスマートフォンからでも申し込む事ができる他、漫画喫茶の利用なども含めれば申し込む事ができない方はまれだと思われます。即日融資に対応した金融機関では審査にかかる時間が凡そ30分弱と言われており、無事通過する事ができればその段階から融資を依頼する事が可能です。カードが手元に無くても電話やメールで融資が申し込める他、カードが必要な方は指定した無人契約機や窓口でその日のうちに受け取る事が可能です。


即日融資の注意点

即日融資を申し込むにあたり気を付けなくてはならないのが、即日融資に対応させるには各社が定時している決まった時間までに申し込みあるいは審査を完了させる必要がある事です。だいたい14時から15時の間にリミットは設けられている事が多く、この時間を過ぎてしまうと翌日融資となります。

カードローンの返済でトラブルを起こしてしまうと、他の金融機関などが利用できなくなる恐れがあります。ブラックリストのってしまうと大変のことになるので、返済で困らないために出来ることを紹介します。


カードローンの返済が遅れた場合

例えうっかり忘れていたのだとしても、カードローンの返済が遅れてしまうと遅延損害金を支払わなくてはならなくなり、さらにはあなたの信用情報に傷がついてしまうことになります。遅延損害金は、通常の倍以上もの利息金額が請求されるので、返済が伸びれば伸びるほど金額が大きくなっていくので注意しましょう。しかし、緊急を要する場合、例えば不慮の事故などに巻き込まれてしまった場合ではある程度は考慮してくれる可能性があるので、なるべく返済日前には相談をしてみましょう。遅延損害金だけではなく、信用情報に傷がついてしまうと、クレジットカード含む他社の金融商品が利用できなくなる恐れがあります。


おまとめローンに借り換える方法

カードローンやキャッシングの借り入れが複数になり、返済がきつい状態ならばおまとめローンに借り換えてみるのも一つの手です。多くの場合、チョキ的に見た返済金額が減額され、返済も月に1回になるので負担が軽くなります。

カードローンでは、担保や保証人を立てない代わりに、申込者の信用を重視しています。どのような条件を満たせば融資してもらうことが出来るのか、その傾向を紹介します。


カードローンの審査でみられること

カードローンの審査に通るためには、いくつか条件を満たさなければなりません。まず、最も重要視されるのが、これまでの返済でトラブルがなかったかどうかということです。すでに他の金融機関で融資を受けている人の場合、それまでの返済面で遅延や滞納といったトラブルがあると審査に通る可能性が非常に薄くなります。次に、返済が出来るだけの安定した収入があるかどうか、またその人の生活が安定しているかどうかということです。ここでは、実際的な給与額よりも、どれだけ今の職場で働いているのか、今の住居にはどれだけ済んでいるのかということが見られます。あまり頻繁に住所や職場を変えると、カードローン会社からはいい印象をもたれないようです。


すぐに融資が欲しい場合は消費者金融を利用しよう

CMなどで見たことがある人もいると思いますが、消費者金融系カードローンでは非常にスピーディな審査を行っているところがあります。場合によっては、申し込みから融資までが数時間で終わって、その日のうちには現金を手にすることが出来ます。急いでお金が必要だという人は、そちらを検討してみてください。

カードローンを比較する時に低金利という観点から比較することも多いですよね。ではその際の注意点というのをご存知でしょうか?人によって比較すべきポイントは異なります。低金利で比較すべき人とそうでない人の違いも紹介します。


低金利でカードローンを選ぶなら

カードローンの金利は高いもので17~18%前後ですが、もしあなたがお金を借りる際の額が20万以下なら、ホームページ上で見かける各社の最高金利での融資になると見て間違いないと思います。20万を超えたあたりから金利の違いは金融会社によって異なってきますが、会社によっては30万以上というところもあるでしょう。そして正直に申し上げて初回融資で30万以上貸してくれるところは少ないでしょう(もちろん申し込む方の収入などにもよります)。


少額融資希望なら

つまり借りる金額が少ない場合の比較ポイントは「低金利」ではないのです。ではどこのポイントで比較すればいいのかというと「無利息期間」です。あなたの借りたい金額はいくらなのか、その額通りに貸してもらえたとしてどれくらいの返済回数で返済していく予定なのかをしっかりと考えた上で、それに合った無利息期間キャンペーンを選ぶべきなのです。ただし期間が長ければいいというものでもありません。期間終了後の最高金利がいくらなのかも確認しましょう。

カードローンは同じお金を借りる為の商品であるキャッシングとしばしば混同されがちです。では実際カードローンとキャッシングはどういった点が異なるのでしょうか。


カードローンとキャッシングの類似点

まずカードローンとキャッシングはいずれも担保や保証人が借入に不要だという点で類似しています。雇用条件も正規である必要はなく、安定した収入さえあれば派遣や契約、自営業やアルバイトでも殆どの商品へ申し込みが行えます。また融資を受けるお金の利用目的も問われない為、自由な借入が双方で可能です。クレジットのショッピング機能などとは利用した時点では目的が明確でない点で区別されています。


二つの商品の相違点

では実際カードローンとキャッシングは何が違うのかというと、実は双方に違いはありません。一昔前は支払方法がリボ払いか一括払いかという点で区別されていたものの、最近はいずれの商品でも両方の返済方法が取れる為、違いが無くなったとも言えます。また消費者金融がキャッシングのサービスを始めた時に、銀行が同様のサービスを始める際にあえてカードローンという異なる名称を付けたという説もあります。あとは、キャッシングはクレジットカードに付随した一機能の名称としても広く知られています。